ガラスコーティングに失敗した理由はなんなのか

110 (1)

ディーラーや民間業者に車のガラスコーティングを依頼した場合、まず失敗する。

と言う事は有り得ないと思います。

 

ディーラーの方々は車の専門家ですので、もし失敗したとしても、完璧にリカバリーします。

 

しかしながら、昨今はDIYで施工出来る「スーパーピカピカレイン」という

ガラスコーティング剤が有名になり、低価格で誰でもガラスコーティング可能。

という時代が来ました。

 

この商品の場合、口コミの多くは実際に購入して、ご自分で施工されて写真等も

載せている方が多く、実用性と信用性は非常に高いと言えます。

 

ですが、ムラが出来たとか、光沢が奇麗に出ていない等の口コミを目にする事もあります。

それは一体何故なのでしょうか。

 

 ガラスコーティングのスーパーピカピカレイン失敗する理由

Cycle_Series___Dirtbike_by_Red_Anubis

まず一番大きい原因として挙げられるのが、「下地処理」をしっかりと行っていない方

が多いです。

 

通常ガラスコーティングをする場合は、車に付いた汚れや、油脂、キズ、等を

取り除いたり修復してからコーティング作業に移ります。

 

比較的奇麗な車ならば普通に水洗いして乾かし、コーティングに移れば良いのですが、

長年の汚れやこびり付いた油脂、大きなキズ等がある場合は、その上にコーティングして

しまうと汚れやキズを守る事になってしまうのです。

ですからそういう場合は、コンパウンドを利用する等して丁寧に「下地処理」を行う

必要があります。

 

塗り方にもポイントが

145 (2)

また、下地が大丈夫であったにも関わらず、ムラだらけになってしまったという場合は、

塗り方に問題がある場合があります。

 

同じ個所を何度も塗るのでは無く、全体に均一に塗り、拭き取るという一連の作業が

出来ていない場合、ムラが出る可能性があります。

 

奇麗なガラスコーティング施行を行うために、以上の点に気を付けて施工してみてください。

004

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ